ニューヨークのタクシー協会が、Uber風のアプリArroをテスト中

次の記事

イスラエル発、歩きながら情報が聞ける観光案内アプリのyapQにサムライが出資

イエローキャブとUberの戦いが益々激化しようとしている。

Crains New Yorkによると、ニューヨーク地区のイエローおよびグリーンタクシー7000台が、Arroという新しいアプリをベータテストしている。乗客が、Uberではなく通常のタクシーを電子的に呼べるしくみだ。アプリは数週間のうちに、市内2万台のタクシーに全面展開される予定だ。

ArroアプリはUberとほぼ同じで、ユーザーは乗車場所を指定し、名前と位置をドライバーに通知する。近くのタクシーが選ばれると、ドライバーの名前と車のIDが送られ、ユーザーは目的の車を見つけることができる。

arroしかし、ArroとUberには大きな違いが一つある:価格の急騰がないことだ。

Uberのアプリは、大晦日や雨天等需要の高い時にはほぼ必ず高い料金を設定するが、イエロー/グリーンタクシーに導入されるArroは、その種の行為を一切行わない。

夥しい種類のアプリが、Uberと同じことをタクシーで真似ようとしてきたが、ArroがCrains誌に伝えたところによると、同アプリはCreative Mobile Technologiesと提携していることから成功の可能性は大きいという。Creative社は、ニューヨーク市内の多くのタクシーで見られる小さなテレビ画面に、支払い情報やエンターテイメント情報を表示しているテクノロジー会社だ。

同じテクノロジーがタクシーのダッシュボードにも統合され、ドライバーは、Uberドライバーのようにスマホを見ることなく、乗客の情報を知ることができる。

UberとTLC(タクシー・リムジン協会)は長年戦いを続けており、ビル・デブラシオ市長は最近、ニューヨーク市内の路上に許される新規Uberドライバーの数を制限しようとした。結論から言えば、その計画はあまりうまくいかなかった

しかしArroの導入によって、Uberとの競争力は(少なくともある程度)高まるだろう。2010年に登場したUberの企業価値は、現在500億ドルを越えている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook