Google、マップAPIにシンプルな従量制料金モデルを導入

次の記事

クラウド時代のスマートフォンを再発明するNextbit、Kickstarterで初の端末「Robin」を販売開始

GoogleマップAPIは、こと料金に関して非常にややこしい。このほど同社は、新たな従量制料金を発表した

Googleの説明は以下の通り:

この新たな購入体系では、Googleマップのジオコーディング、道順、距離マトリクス、道路、位置情報、高度、およびタイムゾーンのAPIは、1日当たり2500リクエストまでがこれまで通り無料で、1日当たり10万リクエストまでは、追加1000リクエストにつき0.50USドルを支払えばよい。10万リクエスト以上が必要なデベロッパーは、当社に連絡してプレミアムライセンスを購入されたい。

Screen Shot 2015-09-01 at 9.30.21 PM

マップAPIが極めて有用であることは、あらゆるアプリにGoogleマップが登場するのを見ればわかるだろう。そして、もしこの新料金体系が成功すれば、Googleにとって相当実入りのいいビジネスになる。デベロッパーはいくら請求されるかわからなければ参入のしようがない。こうした弾力的な料金体系によって、サービスをすぐに始めることが可能になり、徐々にスケールアップしていけばある日突然高額の請求書に驚かされることもない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook