Apple、米国スマートフォン市場でリードを続ける

次の記事

連続起業家、メルカリ創業者の山田進太郎CEOがTechCrunch Tokyoに登壇するぞ

益々多くのアメリカ人がApple製スマートフォンエコシステムを受け入れ、そのあおりを大きく受けているのはSamsungだ。

デジタルメディア分析のcomScoreは、AppleのiPhoneが米国スマートフォン市場の支配を進め、全米スマートフォンユーザーの44.2%に達していると報告した。今年4月のシェアは43.1%だった。

Appleは主にSamsungからシェアを奪っている。SamsungのシェアはAppleに続く27.3%で、LG、MotorolaおよびHTCが、それぞれ8.7%、4.9%、3.5%で続いている。

Appleは端末台数ではリードしているが、オペレーティングシステムでは依然Androidが優勢で、米国スマートフォンユーザーの51.4%を支配している。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook