Google、リビングルームの支配に向けて準備中

次の記事

この折り紙ロボットは、歩くだけでなくジャンプもできる

先日のAppleイベントで私たちはApple TVの計画を聞いた。それは誰もが待ち望んでいたものだった。アプリ!がテレビ!に載る。発売は10月で、価格は149ドル(32GB)と199ドル(64GB)だ。

一方Googleも、リビングルームに関して手をこまねいてはいない。同社のChromecastは私の知る限りそれなりの成功を収め、近々新機種が出るとも噂されている。明日だと言う人もいる(本誌もそのイベントに参加する)。そしてGoogleから出てくるのは音楽ではない、ゲームだ。

実は、Androidチームからささやかな発表があり、デベロッパーはアプリのサイズを現在の50MBから2倍にできるようになった。実際これは非常に大きい変更だ。Googleはゲームに向けてリビングルームの準備を進めている。

これはデベロッパーが最大サイズ100MBのAPKをパブリッシュできることを意味しており、ユーザーはアプリのサイズが100MB割当てを超え拡張ファイルを使う場合にのみ警告される。標準のアップデート設定は変わらず、アプリの自動アップデートはWi-Fi経由のみなので、ユーザーはデータ通信量を節約しながら高品質なアプリとゲームを利用できる。

コントローラーリモコン本格的ゲームシステムが出てくる可能性は低く、Chromecastはコンテンツに富んだアプリを格納するには小さすぎる。だから。おわかりだろう。リビングルームではスマホが鍵であり、すごいアプリは大きく素晴らしくなっていく。

特にゲームは。

そして、おそらくリビングルームではそれを40ドル以下でプレイできる。

さあ、AppleもAmazonもMicrosoftも、ゲームの始まりだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook