Googleのプラットホーム: Androidの全世界アクティブユーザ数が14億–途上国で増加衰えず、合衆国は学校でChromebook急増中

次の記事

Amazonがシアトルで一般の人が荷物を配達するサービス「Flex」をローンチ

Google発のモバイルOS Androidの、グローバルの月間アクティブユーザ数が14億に達した。GoogleのCEO Sundar Pichaiが、今日(米国時間9/29)サンフランシスコで行われたNexus関連のイベントで、Android関連のデータを明かした。

2014年6月に行われたデベロッパイベントでの発表では、Androidの月間アクティブユーザは10億強だった。

2013年6月の発表ではAndroidのアクチベーションが9億に達し、毎月150万の新しいデバイスが増えている、とされた。

そして2013年9月に、Androidのアクチベーション総数が10億を超えた。

スマートフォン市場に関するこの夏のGartnerの数字では、Androidの前年度比増加率がこれまでの最低だった。世界のスマートフォン市場の約82%を占めるに至ったAndroidは、そろそろピークに達したか、と思われた。

しかしそれでもPichaiは、途上国市場におけるAndroidの成長に関して強気で、一部の市場では前年比で倍増、と述べた。具体的にはそれは、インドネシアとベトナムだ。

“全世界で4億のアクティブデバイスが増え、勢いは全世界的に衰えていない。とりわけ活発なのが新興経済圏だ。それは一つや二つの地域ではないが、中でもインドネシアとベトナムでは前年比で倍増となった。しかも、増加分の多くはスマートフォン初体験初購入の人びとだから、感動的ですらある”、とPichaiは語った。

“われわれは今、次の10億のユーザをオンラインへお連れする道の途上にいる”、と彼は付言した。

彼は途上国向けの高品質低価格スマートフォンブランドAndroid Oneについても触れた。“われわれはこの事業をさらに多くの国に広げた”、と彼は述べ、“1か月ほど前にはトルコで立ち上げ、General Mobile社のAndroid One機は今ではトルコのベストセラー機だ”、と例を挙げた。〔関連記事。〕

Pichaiはさらに、合衆国の学校におけるChromebookの伸びを強調した。“合衆国以外の国でも徐々にその兆しがある。合衆国の9月のデータでは、毎日3万のChromebooksが新たにアクチベーションされている”。

google-nexus15

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa