Appleが6本の15秒コマーシャルでApple Watchの楽しさを訴求、実用性を簡潔に表現し売る気まんまん

次の記事

Appleがスマートフォン上で人工知能で写真を分類するアプリのデベロッパPerceptioを買収

AppleがWatchの15秒コマーシャルを6本いっせいに公開した。いずれもこのデバイスの、すぐにぱっと使える便利さを強調している。これらのコマーシャルは、グラデーションの背景とポップスの曲と、Apple Watchを身につけた美形の人びとを利用している。

Watchの前のコマーシャルはかなり映画っぽい感じで、デバイスとユーザの生活の融合を情緒的に訴求していた。しかし今回のは遊び心とパンチがあり、2000年代の、シルエットを使ったiPodのコマーシャルを彷彿とさせる絵だ。ただしキャラは前に比べるともっとヒップだけど。

前と比べて実用性が強調されているのは、イメージやフィーリングよりもむしろ、そろそろ真剣に売ることに専念してきた、ということだろう。前と変わらないのは、このデバイスの最良のユースケースがつねに“瞬間”にあり、ユーザがデバイスに関心を向ける時間が数分の1秒でしかないことの訴求だ。

珍しくも6本にはそれぞれタイトルがあり、それらはRideSingDateTrainSprinkleCycleとなっている。そしてそのそれぞれで、Watchの最初からある主な機能を紹介している。その後の、watchOS 2のアップデートとかネイティブのWatchアプリの導入、といった話題はない。

以下に、Ride(上図)以外の5つをご紹介しよう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa