apparel
siliconvicts
t-shirt

Tシャツ用プリンタを持ってない人にお好みのテク系スローガンをプリントしてくれるSiliconvictsはスタンフォードのデザイン専科卒

次の記事

なぜテクノロジ業界では会社でもTシャツが正装なのか?–その社会哲学を考察する

[筆者: Nitish Kulkarni]
シリコンバレーに関するジョークで、自分のTシャツにプリントしたいなと思ったやつって、たくさんあるよね。カリフォルニア州Malibuでシャツを作っているSiliconvicts Clothing Co.が、きみより先にそれをやってしまった。‘Unicorn Hunter’(一角獣(10億ドル企業)ハンター)や‘Coding Is My Cardio’(プログラミングがぼくのランニング)など、スタンフォードを卒業したばかりのCameron Lindsayの副業作品は、きっと、きみの次のお気に入りTシャツになるだろう。

今日の午後スタンフォードのデザイン学科の前のキャンパスに立っていると、自転車ですいすい通り過ぎる学生たちはみなスタートアップのロゴ入りのTシャツを着ているが、GoogleFacebook の求人用ノベルティ(無料提供品)が多い中に、バズワードが風刺的に使われてるのを見つけると、とても新鮮に感じる。‘Hacker Chick’のような意味が二とおりありそうなのや、‘Coffee + Coding’のようなさりげないユーモアもある。ひとつを除いて色はすべてグレーか白だったが、そこに真っ赤な文字で‘Tindered Spirit’なんてあると、誰もが笑ってしまうね。

   Chick … 初心者、女の子
   Coffee + Coding … コーヒーに合うのはプログラミング
   Tindered Spirit … Tinderは人気のデートサイト

IMG_0623

Lindsayは昨年ロサンゼルスに行ったとき、ストリートアートにとりつかれた。その後ロスに頻繁に行くようになり、Plastic Jesusなどの有名なストリートアーチストの仕事を手伝った。テクノロジにも関心のあった彼はスタンフォードでプロダクトデザインを勉強し、二つの関心を結びつけようと決めた。“テクノロジをテーマとするストリートアーチストになりたかったけど、壁にペンキを塗りまくる度胸はぼくにはなかった”、と彼は告白する。

そこで彼は、壁ではなく織物に色を塗ることに決めて、Malibuにいたころの幼なじみCole Arutianとチームを作った。最初は完璧に地下室操業タイプのスタートアップだった。“Coleの家の地下室に球撞き台を2台並べて、その上に大量のシャツと織物用のプリンタを置いた”。

Arutianと彼の職場の同僚Tynan Danielsが、シャツの製造と流通を管理し、社名を#YOURBRANDにした。

現代のテクノロジはシャツのテーマを次々と作り出してくれる。だから、アイデアに困って行き詰まることはない。“何もせずに座っていた方が、アイデアがたくさん湧いてくる”、とLindsayは語る。今日の午後キャンパスで話をしているときも、シャツのための新しいスローガンを10ぐらい着想していた。“うちはTシャツプリントの産直だからね”、と言う彼は、今はTシャツのベータテスト中で、デザインを何度も変えて試している、と、まるでシャツがシステム製品であるかのようなジョークを言った。

今の社名は分かりにくいが、Lindsayが学生時代に作ったアート作品の題名だ。“最先端でクールな名前にしたかった”、と彼は言うが、深い意味はなさそうだ。

UNICORN_GRAY_grande

今は二年前に立ち上げたばかりのサイドプロジェクトだが、計画は大きい。同社は今、HBOの人気番組Silicon ValleyがTシャツを提供するよう、交渉中だ。“Caffeinate, Incubate, Iterate”(カフェイン中毒になってインキュベートして試行錯誤する)のようなスローガンなら、バレー族に受けるだろう。彼らもまた、サンフランシスコでFour BarrelやBlue Bottle Coffeeに入り浸っていたカフェイン中毒人間だ。まさに、このスローガンどおりに。

シャツは同社のWebサイトで32ドルで売っている。ただしラベルを見ると、綿100%ではない。にもかかわらず、肌触りはソフトだ、それだけは保証する。

  1. coffee_gray_large.jpg

  2. hackerchick_white_grande.jpg

  3. cardio_white.jpg

  4. unicorn_gray_grande.jpg

  5. img_0623.jpg

  6. img_3068.jpg

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。