グローバル化
bbc

BBCが日本語ニュースサイトを東京で立ち上げ、同社広告ビジネスのグローバル展開へ

次の記事

開発ワークフローの各段階でコードリビューを自動化するCodacyが€1Mのシード資金を獲得

日本に進出するヘビー級のニュースサイトは、BuzzFeedだけではなかった。イギリスの国営放送企業*BBCが今週、日本語のニュースサイトを開いた。同社にとって英語以外のニュースサイトはこれが初めてであり、広告という大きな収益源をグローバルに拡大することがねらいだ。〔*訳注: BBCワールドニュースの方から、BBCは‘国営放送’ではなく’公共放送’だ、というご指摘をいただいている。〕

そのサイトBBC.jpには、BBC.comのグローバルなニュースサービスから選ばれたコンテンツが日本語に翻訳されて載る。

BBC本体の経営は主に、イギリス国民がテレビを所有すると義務的に払う視聴料で成り立っている。しかし日本での新しいプレゼンスは、それとは無関係だ。同社によると、日本語Webサイトは東京のエディタチームが運営し、同社の初めて“完全に商業的な”非英語ニュースサイトになる。完全に商業的とは、これから日本でビジターを増やし、広告スペースを積極的に売り込む、という意味だ。

このWebサイトの開設と並行してBBCは、YouTubeTwitterに日本専用のアカウントを設けた。また、HuluやYahoo Japanなどとビデオの配信契約を結んでいる。

BBCは日本のサイトを発表するニュース記事で、“日本にはインターネットニュースやソーシャルメディアにとってきわめて重要かつ高度なオーディエンスがおり、またわれわれの調査によると、BBCの英語サイトの各月のユーザ中、およそ100万が日本からであり、その90%は母国語が日本語である”、と書いている。

BBCは視聴料で成り立っているが、そのほかのメディア企業と同様、海外では独自の広告ビジネスを築きつつある(イギリス本国では広告は不可)。今28の言語で提供されているBBC World ServiceのWebサイトも商業化を進めており、実現するとアドバタイザーズは全世界1億3200万の視聴者を各月のビジターとして期待できる。特定市場への特化は、今回の日本語サイトが初めてだが、今後このタイプの展開も増えると思われる。

ややこしいことにBBCには、グローバルWebサイトBBC World Serviceのほかに、BBC.comのグローバル版BBC World Newsがあり*、こちらは完全に商業化されたニュースサイトだ。〔*訳注: BBCワールドニュースの方から、BBC World Newsはニュースサイトではなくテレビ放送、BBC.comがインターナショナル版サイトである、というご指摘をいただいている。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。