Twitter株、スティーブ・バルマーの買いで4.85%高

次の記事

Google Playが全面アップグレード―デザインが改良され使いやすいストアになった

結局、Ballmer Peakは本物だった。

Twitter株は今日(米国時間10/16)4.85%上昇し、31.15ドルで引けた。30ドルの壁を超えることはTwitterにとって重要な心理的効果がある。言い換えれば、Microsoftにとっての40ドルが、Twitterの30ドルだ。

何か起きたのか? 前Microsoft CEOで現在熱狂的スポーツファンのSteve Balmerが、ソーシャル会社の株式を4%取得したことを発表した。このニュースは、解任された前CEO Jack Dorseyが再びその任に就くというそこそこ活気あるニュースと相まって、十分な上昇の理由となったようだ。

Twitterは時価総額210億ドル以上で一日を終えた。気になる人のために書くと、例えば200億ドルの4%は8億ドルだ。つまり、Ballmerの賭け金は小さくない ― 相当な投資だ。もちろん彼にはその余裕があるが、それによってBallmerのTwitterに対する暗黙の自信が損われることはない。

冗談はともかく、Ballmerおよびサウジのアルワリード・ビン・タラール王子が共に数億ドル価値の株を持っているというのは、Twitterにとって良いニュースだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook