米国版ファミコン「NES」は今日で30歳

次の記事

画像認識からデイトレへ、深層学習のAlpacaDBが意外なピボットで100万ドルを新規調達

OK、私は年をとった。おそらくあなたも年を感じている。それは忘れよう。以上。

NES (Nintendo Entertainment System)は今日で30歳になる。米国で正式に発売されたのは1985年10月18日(*)だった。そして今、いかにNESが素晴らしかったか、そして今も素晴らしいか、どこから話し始めたものだろうか。私のクローゼットには完全なセットがDuck Huntピストルとともに保存されている。【* 日本のファミコンは1983年7月15日発売】

NES-Console-Set

いちばん記憶に残るゲームはSuper Mario Brosだ。あれがすべてを変えた。友達を家に呼んでクリアしようと何時間もプレーした。競ったのではなく共に戦った。ゲームの魅力はグラフィックでも人でもなく、ゲームプレーがすべてだった。それはかつてなく没頭した体験であり、今でも超えるものがない。VRもARも関係ない。初期のNintndoのゲームプレーはとにかく…心を把んだ。

私は最初のレベルを目をつぶったままクリアできる。そのくらいの回数プレーした。現時点で、それは私の脳に埋め込まれ、見事に振り付けられたバレエのように再現することができる。

Double_Dragon_NES_Screenshot当時私は地元のErol’s(後にBlockbuster Videoになった)の列に並んでDouble Dragonをレンタルした。なぜ普通に買わなかったのかよくわからない、10本は買えるくらい何度も借りていたのだから。でも、そんなことは関係ない。カセット把み文字通り家まで走ってプレイした興奮は忘れられない思い出だ。

そして私がNESについて考える時、独特の、しかし同じようでもあるオープニング画面が頭をよぎる。数多く思い出すことができるが、これを見てもらえばおわかりいただけるだろう。

加えて、年と共に起きるトラブルの数々も関係なかった。何回NESの本体を叩き、ゲームカセットに息を吹きかけ、スイッチのオンオフを急速に繰り返して動作させたことだろう。

aada5ocqzsdhpfqzwgng

nintendo-blow

NESは、かつても今もわれわれの時代の象徴だ。ハッピーバースデー、NES…自分の子供に自慢する日が待ち切れない。Xboxのスーパーファン、Major Nelsonでさえ、心からあなたを祝福している。

読者もそれぞれNESの思い出が山ほどあるはずなので、TwitterやFacebookでわれわれ宛に送ってほしい。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook