Airbnb、ホテル税広告を謝罪、「即時」撤去中と表明

次の記事

人気のグラフデータベースにいよいよ大企業が進出の兆し、トップ企業Neo Technologyの外堀城壁強化策を見る

ここ数時間、AirbnbはFacebookでシェアされたこのバス停広告について、ソーシャルメディアで袋叩きにあっている。どれほど酷いかと言えば、人々が(最初にシェアしたMartha Kenneyを含め)これは偽物で、Airbnbを悪く見せようとした>何者かの仕業ではないかと思い始めたほどだ。

しかしそうではなく、どうやら本物のAirbnbの広告のようだ。同社の広報責任者、Chrisopher Nultyが次のように私に話した。

広告の主旨は、われわれのホストと宿泊客が毎月約100万ドルのホテル税を納めていることを伝えるためでした。誤った論調であり感情を害された方々には深くお詫びいたします。広告は即時徹去中です。

広告の文言は以下の通り:

公共図書館システム御中

貴システムがホテル税1200万ドルの一部を使って、図書館を遅くまで開館することを願っています。

Love, Airbnb

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook