google play games

Google Play Gamesにゲームプレイの録画共有機能が登場、自撮りビデオの添付も可能

次の記事

PayPal、eBayと分離後初のQ3決算は明暗半ば

もうTwitchは要らない。今日(米国時間10/28)Google Play Gamesが、ゲームプレイを録画して共有できる機能を発表した。それは長時間のストリーミングが目的ではなくて、難しいレベルをクリアしたとか、ハイスコアを更新したときなどに、それを自慢することが目的だ。それをYouTube Gamingにポストして、ビューを稼いだり、売上を得ることもできる。

以下は発表声明からの引用だ:

本日Google Play Gamesアプリでローンチする新しい機能により、お気に入りのゲームの最高の場面を容易に録画して共有できるようになります。

使い方は簡単です。Play Gamesアプリで、プレイしたいゲームを選びます。そして[record]ボタンを押します。ゲームプレイの録画は720pまたは480pで行われ、デバイスのフロントカメラとマイクを使ってご自分のビデオやコメントをつけられます。録画が終わったらそれを手早くエディットしてYouTubeにアップロードできます。

ニューバージョンのChromecastを使って、テレビをゲームのディスプレイにしている人は、この機能が嬉しいだろう。ビデオはまずYouTubeにアップロードするのだが、共有はいろんなソーシャルチャネルの上でできる。

だから、まあ、TwitchというよりTwitch Lightかな。YouTube上では1440億分ぶんのゲームビデオやライブストリームが見られているそうだけど、この機能によって、それがさらに増えるんだよね。

Google Play Gamesのアップデートは、合衆国とイギリスを皮切りに、今後数日以内に行われる。

[原文へ]。
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。