made with code

感動的映画「CODEGIRL」、YouTubeで11月5日まで無料公開

次の記事

ホームページ作成サービス「ペライチ」運営のホットスタートアップがニッセイから4900万円の資金調達

Alphabet、テクノロジーのあらゆる面で多様性を支持するこの会社が、あるプロジェクトに光を当てる力になろうとしている、それは映画 “CODEGIRL“だ。映画製作者、レスリー・チルコットの作品で、彼の名前は「不都合な真実」や「スーパーマンを待ちながら」で聞いたことがあるだろう。

Googleの “Made With Code” ブロジェクトの一環で作られたこの新しいドキュメンタリー映画は、YouTubeで11月5日まで無料公開される。映画館には数週間のうちに配給される。

Susan Wojcicki(YouTubeのCEO)が映画を次のように要約している:

“CODEGIRL” は、Technovation主催による世界規模の企業家精神とコーディングのコンテストで競う、60カ国5000人の少女たちを追跡した物語だ。少女らは自分たちの地域コミニュティーの問題を解決するためのアプリを3ヶ月かけて開発した。映画で彼女たちは、ライバルを評価し、先生や地元のメンターと交わり、コーディングを学び、1万ドルの資金と支援を勝ち取ることを目指して、アイデアを売り込む。

Wojcickiは、コードを書く女性が少ない理由の一つとして「露出」のなさを挙げ、Google自身の調査結果を引用した:

少女たちは、大衆文化の中で他の少女や女性のポジティブなロールモデルを見る機会がない。11カ国の人気映画を調べたところ、コンピューター科学やテクノロジーに関わる役どころの女性はわずか20%以下だった。

YouTubeはこの映画を封切るのに最適な場所と言える。AdAgeはつい最近、何人かの人気女性ユーチューバーが、一部の一流セレブ以上の影響力を与えていることを報告している。

あなたも、ハッシュタグ “#Rallyforcodegirl” を使ってこの映画を支援できる。

原文へ
 
(翻訳:Nob Takahashi / facebook