ビデオストリーミングのPlexが新Apple TVに登場

次の記事

Google自動運転車の10月度月次報告:事故ゼロ、ハロウィンは役に立つ

Plex ― 完全・合法・少しも・海賊版ではない・ゴホン・コホン〉なコンテンツをあなたのパソコンから他のガジェットにストリーミングする大いに愛されているアプリ ― がつい先ほど新しいApple TVに登場した。

そもそもPlexとは何なのか? 簡単に言えば:Plexサーバーをパソコンで動かし、ほぼあらゆるフォーマット ― 標準のDivX/Xvidファイルから古き良きハイレゾMKVまで ― のビデオや音楽ファイルを読み込む。スマホやChromecastに ― そして今日からAppleTVにも ― Plexクライアントをインストールして、再生したいビデオをタップすれば、パソコンから端末へとストリーミングが始まり、端末にふさわしいフォーマットにリアルタイムでコード変換される。

「しかし待て!」とあなたは言うかもしれない。「友達は古いApple TVを持っていて、Plexを走らせていたぞ!」

それはあり得る! Plexは今日以前にもApple TVで利用〈できた〉― 動かすためにはApple TVを徹底的にハックする必要があったというだけだ。しかも公式のPlexではなく、サードパーティーの改造版だった(そのアプリの主要デベロッパーがいずれも現在Plexで働いていることは注目に値する)。

しかし今日(米国時間11/2)、Apple TV版Plexは正式となった。ダウンロードしていじってみるだけなら無料だが、ちゃんと使うためには4.99ドルのアクティベーションフィーを一度だけ払う必要がある。iOS/Apple TVユニバーサル版のPlexアプリはここにある

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook