タグ・ホイヤー、1500ドルのAndroidスマートウォッチ「Carrera Connected」を発表

次の記事

スマホのデータトラフィックを最大で50%節約するアプリOpera Maxが14社の機種にプレインストールされる

タグ・ホイヤーが高級スマートウォッチのCarrera Connectedを公式発表した。

CEOのJean-Claude BiverがLe Matinでのインタビューにて詳細をアナウンスしたのだ。価格は1500ドルで、Apple Watchと「ほぼ同様の機能を持つ」ものなのだそうだ。

外見はタグ・ホイヤーの「カレラ」と同じだ。ボディはチタン製で6種類のバンドが使えるようになっている。

製造にあたってはIntelおよびGoogleとも協力して行ったそうだ。OSはGoogleのAndroid Wearだ。

ニューヨークでのプレゼンテーションでは、伝統あるスイスの時計産業とシリコンバレーが協業する第一歩となると話していた。それは確かにそうだろうが、Android Watch界に登場した、Apple Watch対抗の高級スマートウォッチの第一歩ということもできよう。

購入時に3つの文字盤デザインを選ぶことができ、さらにGoogle Playストアから追加のデザインをダウンロードすることもできる。「いかにも」なスマートウォッチ風な外見でなく、高級アナログ時計風のものが好みだという人には気になるプロダクトだろう。

  1. screen-shot-2015-11-09-at-11-18-18-am.png

  2. screen-shot-2015-11-09-at-11-18-26-am.png

  3. screen-shot-2015-11-09-at-11-18-31-am.png

  4. screen-shot-2015-11-09-at-11-18-39-am.png

  5. screen-shot-2015-11-09-at-11-18-49-am.png

  6. screen-shot-2015-11-09-at-11-18-58-am.png

  7. screen-shot-2015-11-09-at-11-19-06-am.png

原文へ

(翻訳:Maeda, H