cloud computing
Containerization

Googleが主力のコンテナサービスContainer RegistryとContainer Engineをアップデート…Kubernetesを統合など

次の記事

Googleマップ、オフラインのナビと検索を一般公開―プロダクト責任者の説明でじっくり試してみた

今年GoogleはContainer RegistryContainer Engineなどにより、同社のCloud Platform(IaaS)のコンテナ対応化にますます力を入れてきた。そして今日(米国時間11/10)は、この二つのサービス(ないしツール)のアップデートが発表された。

Container Engineは、クラスタの管理を自動化しコンテナの展開をオーケストレーションするGoogleのサービスだが、今回のアップデートでKubernetesの最新バージョン(version 1.1)をサポートすることになった。ニューバージョンでは随所にパフォーマンスの改良が行われ、そしてそれがContainer Engineのユーザにも可利用になった。

これによりContainer Engineでは、ポッド(pod, ノードの集合)の水平的スケーリング(クラスタへのサービスの追加)を自動的に行えるようになり、またHTTPのロードバランサも可能になる。後者では、トラフィックがその量に応じて別のKubernetesサービスへルートされる。

また、ネットワークのスピードも向上した。それにはContainer EngineにネイティブIPテーブルを導入し、CPUのオーバヘッドをほとんどなくし、信頼性を向上させたことなどが含まれる。

Container Registry(Dockerイメージのストレージ)の方も、今日同様のアップデートが行われた。それらはAPIのv2、パフォーマンスを40%アップ、高度な認証のサポートなどだ。高度な認証により、CodeshipやCircleCI、Drone、Jenkins、Shippable、Werckerなどの継続的なデリバリシステムを容易に統合できるので、デベロッパの仕事が相当楽になるはずだ。

Googleはまた、TwistLockとパートナーして、コンテナのためのセキュリティサービスを導入した。たとえばContainer Registryのユーザは、その上のコンテナへのアクセスポリシーを、設定できる。

[原文へ]。
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。