超軽くて超クールなStaryの電動スケートボード、電池もモーターもどこかへ消えている

次の記事

学生に個人指導教官を紹介するVarsity Tutorsが$50Mを調達、より多様な学習ニーズを満たすサービスへの脱皮を目指す

電動スケートボードは建前としてはクールだけど、本音としては、今やあまりにもありふれている。ほんとにいいのが欲しければ、中国に行くべきだ。

でもご心配なく。中国へはぼくらが代わりに行ったし、きみの代わりに良いスケボーを探してきた。

今月初めに行われたTechCrunch Beijingで、Staryのチームと仲良しになった。上海のとてもクールな会社で、CEOのRex Chenが、Staryのボードのデモを見せてくれた(上のビデオ)。このスケボーは、この前のKickstarterのキャンペーンで、目標額10万ドルに対して74万ドルも集めて、一躍注目された。

Staryのボードは最高時速18.6 MPHと速いけど、ものすごく軽い。電池は外付けでなく、ボード本体に収まっている。そしてモーターはどこだ? 後輪の中にひっそりと入っているのだ。さらに、片手に収まる小さなリモコンには、ぼくみたいな初心者のためにブレーキ(停止ボタン)もある。

つまりこれは、世界でいちばん、出しゃばらない電動スケートボードだ。

Kickstarterに間に合わなかった読者は、Stary.ioで買える。899ドルだ。ただし発売は2016年3月である。スケボーが大好きな人には、それぐらい待つ価値が十分にあるだろうね。

[原文へ]。
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。