エンタープライズ
Hewlett-Packard Enterprise

Hewlett Packard Enterpriseは今後何もかもコンテナが主軸…ハイブリッドクラウドをメインにしつつ

次の記事

ネットラジオ大手、Pandora、ライバルのRdioの資産を7500万ドルで買収―Rdioは倒産へ

Hewlett Packard Enterprise(HPE)が今日(米国時間11/16)、バルセロナで行われたDockerのデベロッパカンファレンスで、同社のデベロッパ関連製品のアップデートをたくさん発表した。HPEのコンテナにかける意欲には、並々ならぬものがあるようだ。

HPEのインキュベータパートナー担当VP Tana Rosenblattは次のように語る: “コンテナは確かに画期的な技術だが、それは単に新しい技術であるだけでなく、ハイブリッドな環境を求める企業にとっても意味がある。今後のDockerとの、きわめて有意義なパートナーシップにより、その優れたやり方とプロダクトの恩恵に与れると期待している。その際のわが社の戦略は、受容して拡張せよ、だ。弊社には、devとopsおよび両者を結びつけることに関連した知財がたくさんある。それらをDockerと組み合わせれば、弊社のエンタプライズ顧客にさらに高い価値を提供していけると信ずる”。

HPEには今日ローンチしたハイブリッドクラウドのためのPaaS Helion Development Platform 2.0があり、それが最初からデフォルトでDockerをサポートする。したがってデベロッパとITオペレータはたとえば、このサービスを使って、Dockerコンテナとしてパックされたマイクロサービスをデプロイできる。

HPEにはさらに、クラウドの負荷とパフォーマンスをテストするStormRunnerと、モバイルのパフォーマンスモニタツールAppPulseがあり、これらもDocker化されたアプリケーションのデプロイとモニタリングをサポートする。

HPEのクラウドモニタリングツールSitescopeも、これからはDockerのSwarmクラスタをサポートする。それによりアドミンは、Dockerのクラスタのすべての層…Swarmからコンテナの個々のワークロードを実際に動かすDockerのデーモンに至るまで…をマップしモニタできる。

さらにまた、リリース管理サービスHPE CodarもDockerをサポートし、ストレージ配列3PAR StoreServとソフトウェア定義ストレージStoreVirtualもDockerイメージをサポートする。

以上すべてをひっくるめて、HPEは近いうちに24×7のエンタプライズコンテナサポートを開始し、Dockerのリファレンスアーキテクチャとデベロッパ向けの新たなリファレンスガイドが、ハイブリッド環境にコンテナをデプロイしたいユーザに提供される。

Rosenblattによると、HPE(当時のHP)が、コンテナに全(まる)がけすることを意思決定したのは1年半前だ。HPはこれまでさまざまなアーキテクチャのコンテナ技術をトライしてきたが、コンテナへのフルコミットメントの契機になったのはDockerだ。“今というタイミングを決めたのがDockrだ”、と彼女は述べている。“それへ向かって全社が動き始めたのが1月であり、これからのHPEは、フィジカルからクラウドまでのすべてのソリューションにおいて、顧客にはコンテナによるソリューションを提供していきたい”、というのだ。

[原文へ]。
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。