Nvidia Shield Tablet K1はゲーマーの夢のタブレット、しかも大幅値下げ、X1機が出る予兆か?

次の記事

Google、Gmailへの古いメールのインポート・ツール2種類をオープンソース化してGitHubに公開

根っからのゲーマーが欲しがるタブレットとは、どんなのだろう? iPadの最新機種は強力なタブレットだし、良いゲームもある。でもNvidiaから今度出るShield Tablet K1は、それよりも安くて、しかも高性能・高機能をねらっている。

Nvidiaのタブレットは199ドルだから、399ドルからの最新のiPad miniよりも相当安い。そのほかの199ドルクラスのAndroidタブレットと比べても、Shield Tabletは性能機能的にずっと上だろう。なんといっても、Nvidiaの強力なSoCを使っているのだから。

ただしそのチップは新たにアップデートされず、昨年のTegra K1のと同じだが、それでもなお、その他大勢のAndroidタブレットより速い。ストレージは16GB、mini-HDMIポートとmicroSDスロットあり、重さは390グラムだから、他機よりやや重い。

ディスプレイは8インチ1080p、スピーカーは前面に2つ、別売の専用カバーもあり、これはキックスタンドにもなる。そしてもちろん、Shieldコントローラを買えばゲーム機に変身する。それにまた、‘ゲームのNetflix’とも呼べるストリーミングサービスGridで、いろんなゲームを楽しめる。

前のShield TabletはGPUにやはりK1を使っていたけど機種の名前にK1はなく、LTEあり32GBで399ドル、LTEなし16GBで299ドルだった。しかしそれらは、電池の発火という残念なトラブルで回収された。今ではもちろん、電池問題は解決済みだろう。今回は32GBタイプは、ないのかもしれない。

Shield Tabletは、Nvidiaのモバイルチップセットの‘見せ場’でもある。Nvidiaがモバイルチップのアップデートを発表したのは1月のCESだった。Tegra X1は265コアのMaxwell GPUと8コア64ビットのARM CPU を搭載、H.265またはVP9のコーディングで4K UHDのビデオを60fpsで再生できた。

K1より相当速いのだろうし、すでに同社はNvidia Shield for TVでX1を使っている。

しかし今回機種名にわざわざNvidia Shield Tablet K1とK1の名が入った(前はNvidia Shield Tabletのみ)ことは、当然(?)次はX1機Nvidia Shield Tablet X1が出る、ということなのだろう。それも、近いうちに。

[原文へ]。
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。