2003年にタイムスリップ、SonyがPlayStation 4用のPlayStation 2エミュレータを開発

次の記事

PasswordBoxがサービスを閉鎖、買い主IntelのTrue Keyへユーザを移行、しかしメリットは見えず

大きなピクセルのゲームが好き、という懐古趣味の人たちに、Sonyが特別サービスを提供する。同社はこれまでひそかに、PlayStation 4の上で動く、そして機能的に完全な、PlayStation 2エミュレータを作っていたのだ。このエミュレータがあれば、古典的名作、PS2のStar Warsをとりあえず遊べる。Wired誌に語っているところによると、PS4で遊べるPS2のゲームを、これからもっと出すそうだ。

最初に提供されるStar Wars Battlefrontバンドルの構成は、PlayStation 4本体、EAの最新のStar Warsゲーム、そしてたくさんの古いゲームだ(Super Star Wars, Star Wars: Racer Revenge, Star Wars: Jedi Starfighter, Star Wars: Bounty Hunter)。

Eurogamerがこれらのゲームをトライして、以外に良い、と驚いている。これらのゲームはPS4に移植されたのではなくて、PS2エミュレータの上で動くのだ。

これらのゲームをブートすると、PS2のスタートボタン、セレクトボタン、仮想メモリカード、なつかしいPlayStation 2のロゴが現れる。でも大型テレビで見ると見づらいこともあるから、今後はアップスケーリングされるのだろう。

そのほかのゲームについては、Sonyからの発表はない。古いゲームを、ネットで売るのか、それとも有料会員制にしてアクセスさせるのか、そのへんも未定だ。GTA III、Vice CityとSan Andreas(グランド・セフト・オート)、Final Fantasy X、Metal Gear Solid 2と 3、God of War、Ratchet & Clank、Jak & Daxterなどなど、どれも懐かしい。なんといっても、ゲーム機の歴史の中でもっとも多く売れたベストセラー機がPlayStation 2なのだ。

でも本当は、ファームウェアをアップデートしてこのエミュレータを無料にしてほしい、と思うゲーマーが多いだろう。PlayStation 2のディスクを持ってる人は、それらをエミュレータで遊べないのはおかしいよ、と思うだろうね。

Microsoftはつい先週、Xbox OneにXbox 360の後方互換性を加えた。E3でMicrosoftをほめるゲーマーが多かったのも、お金を一銭も払わずに古いXbox 360のゲームを遊べるからだ。

ただしそのためには Xbox 360のゲームにパッチを当てなければならないから、時間がかかる。現在Xbox Oneで遊べる360のゲームは、104本ある

Sonyなら、パッチなんか当てなくても古いゲームをPlayStation 4で遊べるようにできるはずだから、15年前のゲームにまたお金を払うなんて、かっこ悪いことしなくてすむはず、と思うんだけどね。

〔訳注: PS4にこだわらなければ、PS2エミュレータってすでにいろいろあるけど…。〕

[原文へ]。
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。