スターウォーズのバーチャルリアリティー体験、12月2日に公開

次の記事

Rinkak運営のカブクが7.5億円のシリーズA資金調達、「工場デジタル化」で追い風

待ち望んでいたスターウォーズの公式バーチャルリアリティー体験がやってくる。来月の映画上映を控え、その時は〈ほぼ〉目の前だ。今日、StarWars.comで内容に関する最新情報が発表された。

そこにはこう書かれている:

12月2日、GoogleおよびVerizonと協力して開発した新たなバーチャルリアリティー体験がやってくる。そのGoogleカードボードを使った全く新しいバーチャルリアリティー(VR)体験には、『スターウォーズ/フォースの覚醒』のオープニングに直接つながる魅力的なストーリーと最先端VR技術が融合されている。GoogleカーボドードVR体験は、iOS、Android両方の公式スターウォーズアプリで利用できる。

そして、コンテンツだけではない。Googleはスターウォーズをテーマにした、これを見るためのカードボードの何かを出そうとしている。「カードボードは本物のVRではない」議論は一旦忘れよう。これは要チェックだ。

テーマに因んだ特別なカードボードはVerizonストアで12月2日から購入できる ― 独占販売。全部で4種類あり、コレクターアイテムになることは間違いない。スターウォーズ関連グッズでは必ず起きることだ。Verizonはうまくやった。コンテンツはiOSおよびAndroidの公式スターウォーズアプリで利用できる。

vW7g56

コンテンツそのものを作っている、Industrial Light & MagicのILMxLABのグループは、没頭的コンテンツの制作に6ヵ月以上取り組んできたというから、出来映えには期待できる。

待っている間、様々なGoogleアプリのスターウォーズ化を楽しまれたい.

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook