ゲーム用製品に特化したRazerが最大のコンセプトストアをバンコクにオープン

次の記事

Motusのウェアラブルセンサはプロ野球選手のバイオメカニクス測定をラボから球場に持ち込む

ゲームファンの方なら、Razerをご存知だろう。ハイエンドのハードウェア企業で、ゲーム用のラップトップやXboxの周辺装置類、サウンドバーなど、ゲームをより楽しむための製品を作っている。昨年Intelからの投資を得て、評価額10億ドル以上のスタートアップの仲間入りをした。

しかしこのカリフォルニアの企業が、アジアにコンセプトストアを展開していることは、あまり知られていない。同社はこれまでの台北とマニラに次いでこのほど、バンコクにも新たにコンセプトストアを‘開店’した。

コンセプトストアは、売るためのストアではなく一種のショウルームで、今度のバンコク店は建坪180メートル四方(正方形)と、これまでで最大だ。高級ショッピングモールの中にあり、超薄型のゲーム用ラップトップやXboxのアクセサリ、カラフルなマウスやキーボードなど、同社のゲーム用製品を賑やかに並べている。その狙いは、消費者がRazer製品を実際に買わずに試用できること、そしてゲーマーたちのたまり場になることだ。つまり、物を買わなくてもよくて、好きなだけくつろげる場所、だ。

バンコクのコンセプトストアをRazerでプロダクトマーケティングを担当しているJun Shen Chiaが案内してくれた。多くの製品が展示されている中で、やはりいちばん光るのはラップトップのBlade(刃(は))だろう。これはCEOのMin-Liang Tanが、出張先でもゲームがしたくて、設計した製品だ。

  1. batch_img_0061.jpg

  2. batch_img_0073.jpg

  3. batch_img_0052.jpg

  4. batch_img_0054.jpg

  5. batch_img_0056.jpg

  6. batch_img_0044.jpg

  7. batch_img_0053.jpg

  8. batch_img_0058.jpg

  9. batch_img_0059.jpg

  10. batch_img_0064.jpg

  11. batch_img_0067.jpg

  12. batch_img_0080.jpg

  13. batch_img_0081.jpg

  14. batch_img_0068.jpg

  15. batch_img_0069.jpg

  16. batch_img_0070.jpg

  17. batch_img_0074.jpg

  18. batch_img_0075.jpg

  19. batch_img_0076.jpg

  20. batch_img_0078.jpg

  21. batch_img_0083.jpg

またカラーマウスChromaは、ヘッドセットやマウスマット、キーボードなどとセットにして、好きなゲームに合わせた買い方ができる。そしてXbox 1用のWildcatは、人間工学的に設計されたゲームパッドで、手に持って快適であるだけでなく、専用のボタンやペダルも付いている。

Razerのゲーム用製品は、MMOGのファンにとくに人気がある。RazerのNagato、Anansi、Tartarusなどの製品は、ボタンのサポートとそのスタイルによって、ゲーマーのゲームプレイをより便利にした。マウスとキーボードのクレージーな組み合わせのようなRazer Naga Hexは、ゲーマーたちの願いをまさしく実現している。

RazerのCEO Tanによると、コンセプトストアは合衆国やそのほかの地域でもオープンしたいが、規制やお役所仕事〜官僚主義のためにうまくいかないところもある。しかし合衆国とヨーロッパはそんな問題が少ないので、遠くない未来に実現できるらしい。楽しみに待とう。

[原文へ]。
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。