アメフトチーム、ペイトリオッツのファンにGoogle Cardboardビューアーを無料配布

次の記事

小売価格1300ドルの紅茶を淹れるロボットTeforiaが$5.1Mのシード資金を獲得…紅茶道は奥が深い?

Google CardboardのチームはBank Of America、VISAと提携し、AndroidとiOSに新たなVR体験をもたらす。ユーザーは、アメフトチームのニューイングランド・ペイトリオッツの行う練習風景に没入できる。

新たな体験に伴い、ジレット・スタジアムのファンにカスマイズした1万個のCardboardビューアーが配られる予定だ。Cardboardを無料配布し、多くの人にVRを体験してもらうことで、ユーザーをVRの虜にしたい考えだ。New York Timesとの無料配布と同じだ。

これがその360度動画で、マウスで動画を動かし、全方位で何が行われているかを視聴することができる。もちろんGoogle Cardboardで見ることもできる。(Samsung Gear VRブラウザでもきれいに見える。)

この体験では、ユーザーをペイトリオッツのトレーニング施設、フィールド、ロッカールームへと連れて行く。STRIVRのVR トレーニングプラットフォームで制作されたものだ。360度動画は「真のVR」ではないが、それでも何時間もユーザーを釘付けにして離さず、自分が今どこにいて、私が何を説明したかさえも忘れてしまうような時間を味わうことができるだろう。これらの体験は今後も増え、多くの人がこのようなコンテンツをもっと見たいと思うようになるのは時間の問題だ。

ブランド企業のVRに関連する取り組みは「気まぐれ」のように見えるかもしれない。しかし、このような没入的な体験が一定多数の人に普及すれば、仮想現実はゲーマーだけのものではなくなるだろう。私が知る限り、VRを体験した全ての人がもっと見たいと思っていたのは確かだ。

Screen Shot 2015-12-06 at 8.32.13 AM

今日、悲しくも弱い私のフィラデルフィア・イーグルスを打ち負かすことが予想されるペイトリオッツの試合に行く予定なら、限定版のGoogle Cardboardビューアーを試合前や試合中にPatriots FanZoneでもらうことができる。

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter