Airbnb、15億ドルの巨額資金調達を正式に認める

次の記事

Googleが生産性ツールをアップデート―カレンダー他にリマインダー機能が追加される

今年の6月、WSJはAirbnbが15億ドルという巨額の調達ラウンドを実施したことを報じた。今日(米国時間12/7)、同社はSEC(証券取引委員会)提出資料を通じて記事の内容を認めた。

興味のある人のために書いておくと、正確な調達額は14億9993万7904.00ドル。

今やAirbnbの評価額は250億ドルを超え、驚くほかはない。またAirbnbは、上場を考えるより前に海外事業の強化に焦点を当てているよkだ。

同社はここ米国内でも始終戦っている。各都市は彼らのやり方を止めようと試みている…効果はあまりでていないようだが。

これはAirbnb CEO Brian Cheskyが、昨年のDisruptで会社の生い立ちについて話しているビデオだ:

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook