アプリ
reminders

Googleが生産性ツールをアップデート―カレンダー他にリマインダー機能が追加される

次の記事

苦闘中のDropbox、Mailboxを来年2月、Carouselを3月に閉鎖―生産性ツール開発に全力

Gmailにははるか以前からこれからやるべきことをメモしておく “to-do”リスト機能があったが、ただそれだけで他のGoogleツールと何の連携もないスタンドアロンだったため、実用性は低かった。たぶんラボでいろいろな実験をしているうちにたまたま生まれたベータ機能の一つに過ぎなかったのだろう。しかし幸いなことに今日(米国時間12/7)、Googleのエンジニアはこの問題を修正してくれた。

GoogleはGoogleカレンダーなどにto-doリストの作成機能を追加した。 iOS版とAndroid版はすでに提供中で、ウェブ版もすぐにアップデートされるという。.

calendar1

こんな簡単な機能追加になぜこれほど長い時間がかかったのかは謎だが、「遅くてもないよりはいい」ということわざもある。こちらは開発チームからのメッセージだ。

医師の診察を受けるとか荷物をピックアップするなど、書き込んだ予定が実行された後は、Reminderを簡単にスワイプで削除できます。 … そして次になすべきto-doを書き込んでくさい。

to-doリストは住所、電話番号など書き込まれた予定を実行するのに必要な情報を自動的に収集、表示してくれる。ユーザーはこのリマインダーをカレンダーだけでなく、Inbox、Keep、Google Nowからも作成できる。 つまりユーザーはマイクに向かって「今日の午後1時にゴミ出しするのを忘れないようリマインドすること」など言うだけでよい。それだけでカレンダーにto-do事項が作成される。うむ…まるでSiriのようだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+