interlude
Interactive video

Cinematiqueなら、ビデオをクリックしてショッピングができる

次の記事

あなたの家の太陽光発電導入の可否を教えてくれるGoogleのProject Sunroofが対象地域を9つの州の大都市圏に拡大

「買い物ができるビデオ」の噂を聞いてから何年にもなる。すてきな色の口紅から、あの気になるブーツまで、お気に入りのテレビ番組やオンラインのミュージックビテオを見ながら、注意を引かれた商品をすぐに買えるところを想像してみてほしい。

そして、トレンドはすぐそこまで来ているようだ。

最近、Interludeは、MGM、Warner Music、Samsung、Sequioa Cpital、Intel Capitalらから1820万ドルを調達したが、そこだけではない。計540万ドルを調達したCinematiqueも、ユーザーがビデオに写るどんな物とでも直接つながることのできるタッチ可能ビデオでこの分野に参入する。

ユーザーは、詳しい情報を知りたい物をビデオ画面でクリック(タッチスクリーンならタッチ)して選ぶ。このビクトリアズ・シークレットのビデオで水着にタッチすれば、直売ページのリンク、価格、および商品説明を知ることができる。クリックした回数分の商品情報が保存され、ビデオの最後(または途中)に表示される。

ブランドは、ユーザーが販売されていない商品をクリックした時にもその商品に関連する追加情報を提供することができる。Cinematiqueエディター(ベータ版)を使っえば、ブランドは既存のビデオをアップロードし、タグを付加して商品情報と購入リンクを登録できる。

上のビデオでは、Tag HeuerとVox Mediaが、シェフの生活を描いた記事体広告を使って、1500ドルのTag Heuer製スマートウォッチを売ろうとしている。しかし、このシェフが作る料理、彼のオートバイ、ランニングルーチン、そしてニューヨーク市に架かる橋の数々までもがクリック可能になっていて、ビデオ内の様々な部分について追加情報を見ることができる。

サイト運営者やブランドは、記事体広告にも、Eコマースサイトにもこの種のビデオを埋め込むことができる。

Cinematiqueは、配信プラットフオームとしても機能する。ただし、CinematiqueのビデオをFacebookやInstagram、Twitter等のソーシャルメディアでそのまま利用することはできないし、YouTubeでもクリック可能状態にはならない。

Cinematiqueの顧客ベースの大半は高級製品ブランドだが、サイト運営者がクリック可能記事体広告コンテンツを使って、ブランドから追加費用を得ようとすることは容易に想像できる。

現在同社は価格体系を公表していない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook