Bitcoin、2014年末以来の高値に

次の記事

登録ユーザー600万人突破のLINEバイト、根強い人気のフリーペーパーの置き換えを狙う

ほぼ退屈だった2015年末に向けて、bitcoinは記録的高値で波風を立てている。

Bitcoinは400ドルの壁を越え、これは2014年以来2度目のことだ。今回は、 以前のプチブームを上回り、昨年夏遅く以来の高値に到達した。

これまでの低迷をあざ笑うこともできるが、現在のbitcoin価格は信者を啓発するものに違いない。今のbitcoinは、殆どの人々が昨年期待していたことをやっている。グラフを見られたい[期間1年、出典:Blockchain]

Screen Shot 2015-12-14 at 2.42.00 PM

グラフからわかる通り、bitcoinは巻き返し状態にある。bitcoinの価格そのものは一つの指標にすぎないが、重要な意味を持つ。bitcoinの値が上がるほど、メディアからの注目度も上がる。つまりアップはアップを意味している。

bitcoinおよびブロックチェーンに関する最近の議論を通じて、何が一時の流行で、何が事実で、何が未来かに変化が見られてきた。bitcoinに関してブロックチェーンを論じるのは一時的流行であり、bitcoinはブロックチェーンが機能し続けるための金銭的インセンティブして重要だというのは事実であり、メディアの不安をよそにbitcoinそのものが輝くのを見ることは未来志向だ。

bitcoinの価格上昇はメディアの注目を呼ぶ。それがブロックチェーンをさらに議論するための新たな信用となる。2つは結合しているが ― 永久に ―共依存し続ける。

というわけでここ数週間のbitcoinは好調だ。価格は新たな極大値に達し、取引量も増えている。Bitcoinは現在、真の信者とコアな中傷者の両方を困惑させている。前者は指数関数的成長を期待している。後者は ― 完全な崩壊だ。

革命は段階を踏んで起きる。誰も知らない。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook