MicrosoftがHoloLensのデベロッパ向け体験コーナーをニューヨークのお店にセットアップ

次の記事

MicrosoftがAndroidアプリストアの中に自社製のAndroidアプリストアを開店

Microsoftは、デベロッパたちが、同社の拡張現実(augmented reality, AR)ヘッドセットHoloLensのポテンシャルに早めに目覚めてほしいので、このたびニューヨークのマンハッタン5番街にある同社の小売ストアに、HoloLens体験コーナーを作った。

HoloLensはOculus RiftやSamsung Gear VRのような仮想現実(virtual reality, VR)のプラットホームではない。そうではなくて、HoloLensは仮想的な画像を現実の環境の上に投射するから、どちらかというと拡張現実的な体験だ。

と聞くと誰もがゲームへの応用を考えると思うが、でも実は、いろんな業界業種でいろんなユースケースがありえる。その一部はエンタテイメントに使われ、他は仕事の効率を上げるために利用されるだろう。

でも新しいハードウェアが普及するための唯一の鍵は、デベロッパがそれに関心を抱いて、いろんなすばらしいアプリケーションを作ってくれることだ。MicrosoftはWindowsでも、やはりデベロッパを巻き込むために苦労をしたのだ。今回は、そのときの教訓を生かそうとしている。

HoloLensは2016年第一四半期にDeveloper Editionが3000ドルで発売されるので、そのためのポータルもすでに作ったが、実際に触ってみたい人は、ここで申し込むと、5番街のお店に招待される。

[原文へ]。
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。