ワールドカップのスキー選手が競技中にドローンに当てられそうになった(その実況映像)

次の記事

構成を自由に変えられてアプリから完全にコントロールできるスマート照明器具Fluxo、元Philipsのエンジニアが開発

ドローンの登録制は、一部の人たちにとっては、煩わしいだけかもしれないが、今週行われたアルペンスキーのワールドカップで起きた事件を見れば、FAAが規制を急ぐ理由も分かる。

空から落ちてきたドローンが、スキーヤーのMarcel Hirscherに、もうちょっとで当たりそうになった。その事件は彼の二度目の滑走のときに起きたが、ドローンが落ちた場所は彼からほんの数インチしか離れていない。

完全なクリップはNBC Sportsで見られる。実況中継中に空からドローンが降ってくる光景は、ほとんど映画か何かの作り物のようにも見える。世界チャンピオンに4回なったことのあるHirscherは、無傷で本当に幸運だった。

“怖いですよ。こんなこと、二度と起きるべきではありません。当たれば確実に重傷ですよ”、と彼はAP通信の取材に対して語っている

そのドローンは、テレビの撮影チームが飛ばしていた。コントロールを失って墜落した原因は、まだ分かっていない。

Next Webさん、ありがとさん。

[原文へ]。
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。