TwitterがPolitwoopsへのAPI提供を再開、政治家たちの失言をまた見られる

次の記事

Disney Researchが壁をよじ登り天井を這うロボットを開発

Twitterからの発表によると、Twitter上の政治的な失言が再び、Politwoopsに保存され見られるようになる。

Twitterは今年、Politwoopsに対して、APIへのアクセスを禁じた。それにより、政治家たちの削除されたツイートをアーカイブするPolitwoopsのサービスは、利用できなくなったようだ。オープンガバメントの活動家たちや人権団体、そしてもちろん各国のPolitwoopsサイトの運営者たちも、Twitterのこの決定を批判し、情報を知る権利は、公職にある人がそれを過去にさかのぼって編集する権利よりも強い(==“失言は失言として見せろ”)、と主張した。

10月に行われたTwitterのデベロッパカンファレンスFlightでは、CEOのJack Dorseyが、混乱を招いたことを謝罪し、Politwoopsを復活させることを匂わせた。“Politwoopsのような透明性の実現に向けて努力している団体を継続的に支えていく責任がわれわれにはある”、と、そのとき彼は語った。

今日(米国時間12/31)Twitterは、合衆国でPolitwoopsを運用しているSunlight Foundationと、そのサービスを開発したOpen State Foundationとの合意を達成した、と述べた。合意の詳細は公表されていないが、その骨子は、Politwoopsが復活する、ということだ。

Sunlight Foundationのコミュニケーション担当ディレクターJenn Topperが、声明文の中でこう述べている: “Politwoopsは、選挙の候補者も含め、公職にある人びとに、自分の発言に対する説明責任を持ち続けていただくための重要なツールだ。このたびTwitterとの合意により、合衆国および国際的に、それをインターネット上に復活できることになり、まことに喜ばしい”。

[原文へ]。
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在393人フォロワーがいます。