Withings、歴代最高にスマートな体温計をアナウンス

次の記事

ガーミン、自転車乗り用のウェアラブルARデバイスを発表

読者の方々は、Withingsのスマートウォッチのことはご存知かもしれない。しかし実は、Withingsとはヘルス関連デバイスについて歴史を持つ企業なのだ。今回発表された100ドルのWithings Thermoも、やはり同社の「ヘルス関連デバイス」のひとつに位置づけられるものだ。「スマート体温計」ともいうべきもので、現在入手できるベストのものだと言うこともできよう。

体温は、側頭動脈から測定するようになっている。こめかみあたりにデバイスをもっていき、ボタンを押して2秒すれば体温の測定が完了する。

「便利すぎてあり得ない」と思う人もいるかもしれない。しかし16個の赤外線センサーを用いて4000回の計測を行うことで、正確性を担保しているのだ。測定した体温はデバイス上でも読むことができるし、もちろん、接続した他デバイス上で確認することもできる。

他デバイスとの接続にはWi-Fiを用いたり、あるいはBluetooth経由でスマートフォンと直接つなぐこともできる。モバイルアプリケーションでイブプロフェンを摂取した日時を記録しておくこともできるし、もちろん複数のプロファイル設定にも対応している。

Withingsはスマート体重計血圧計ないし体温計を扱っている。すなわちWithingsは、健康管理のためのデバイスをフルセットで備えているわけだ。

これによりWithingsは個人の健康情報を多面的に収集することができるようになっている。消費者側からみても、自分の健康データを簡単に医師に送ることができるようになっているわけだ。

世界では高齢化が進んでおり、時間および費用を抑制しながら健康管理データを医師と共有することがますます重要となってきている。

このデバイスは2本の単四電池で動作する。バッテリーの持ち時間は2年となっているので、使うたびに充電するというような操作も必要ない。2016年の第1四半期の出荷予定で、価格は100ドルと予定されている。

  1. withings-thermo-iphone-f.jpeg

  2. withings-thermo-packshot.png

原文へ

(翻訳:Maeda, H

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在394人フォロワーがいます。