AmpMeは曲をみんなのデバイスにシンクして大きなスピーカーシステムを作る

次の記事

10歳未満の起業家たち10名をビデオで紹介

ユーザが持つ複数のデバイスをシンクしてサラウンドサウンドのスピーカーシステムにする、というサービスはたくさんある。

でも、3か月前にモントリオールからローンチしたAmpMeは、iOSとAndroidの両方のデバイスに対応するのはうちだけだ、と主張している。

同社を創ったMartin-Luc Archambaultは多様な起業履歴を持ち、エンジェル投資家でもある。彼の最新作AmpMeは、3か月で100万回以上ダウンロードされた。

“このアプリは本質的にヴァイラルなんだ。友だちが使ってないと、意味ないからね”、とArchambaultは語る。

その使い方はこうだ:

アプリをダウンロードしたらホストに登録し、友だちにコードを教える。彼らがそのコードをアプリに入力すると、音楽は複数のデバイス間で自動的にシンクされる(全員のデバイスで一斉に鳴りだす)。スマートフォンやタブレットでもよいし、それらを大音量のサウンドシステムにつないでもよい。

“ポータブルなSonosになりたいんだ”、Archambaultは述べる。

音楽はデバイスへダウンロードしたファイルでもよいし、SoundCloudの曲やSongzaのプレイリストでもよい。

今後は、SpotifyやApple Musicもサポートしたい、と同社は言っている。

AmpMe – Be The Speakers, 作: Martin-Luc Archambault, 提供: Vimeo

〔曲はMetricのThe Shade〕

[原文へ]。
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在349人フォロワーがいます。