ces2016

CESの本誌主催Hardware Battlefield: Nima, Carbon, IdentiLock, Wiivvの4社がファイナリストに

次の記事

EFFって何者だよ?…T-MobileのCEOはネット中立活動に対して喧嘩腰

本誌がCESでHardware Battlefield(ハードウェア・コンペ)をやるのは今年で三度目だけど、そろそろ結論を迎える。14社がラスベガスのSands Expoのステージに上がり、それぞれ6分ずつ、売り込みを行った。

彼らが心を掴まなければならないのは、会場を填めるオーディエンスだけではない。審査員のエキスパートたち、FitbitのJames Park、FirstMark CapitalのMatt Turck、GVのLo Toneyの三名が、舞台の袖で、これらのハードウェアスタートアップたちを待ち伏せしているのだ。

そして、途中をはしょると、ついに4社のファイナリストが決定し、あす行われる決勝でトロフィーと5万ドルの賞金を争う。

そのファイナリストたちは:

6SensorLab – Nima

6SensorLabの製品Nimaは、ポータブルなセンサと使い捨ての容器を使って、食品に含まれるグルテンを、微量でも、チェックする。

 

Carbon Robotics

Carbonが作ったロボットアームKatia(“Kick Ass Trainable Intelligent Arm”(強力で訓練可能なインテリジェントアーム))はわずか2000ドルだが、専門家でなくても誰でも使えるし、訓練次第でいろんなことをさせられる。

 

Sentinl Inc. – IdentiLock

IdentiLockはピストルなど小火器の引き金用のスマートロックで、持った人の指紋を超高速で読み、オーナーの指紋だったらロックを解除する。ほかの人のために解除することは、絶対にないそうだ。

 

Wiivv

Wiivvは、足の写真を数枚送るだけで、オーダーメイドのインソール(靴の中敷き)を作ってくれる。本格的で高価な矯正具と、一般市販のインソールの、両方の市場を盗むだろう。

 

決勝の審査員は、本誌のシニアエディタMatt Burns、CyPhy WorksのCEOでファウンダのHelen Granier、IntelのCEO Brian Krazanich、Highway1のVP Brady Forrestだ。

TechCrunch Hardware Battlefield at CES 2016の決勝は、明日(米国時間1/8)の太平洋時間午後2時に始まる。

CES 2016

[原文へ]。
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在380人フォロワーがいます。