CESの来場者に選ばれた人気製品GoSun Stoveは太陽熱だけで調理する

次の記事

スマート玩具メーカーのElemental Path、IBMワトソン塔載の恐竜人形を予約開始

今や、火を使う人は原始人。現代人は持続可能で再生可能な太陽熱で、肉や野菜を調理する。この、GoSun Stoveのように。

同社はCESのHardware Battlefield 2016で、来場者選抜ワイルドカード選手に選ばれた。賞金5万ドルとトロフィーを目指して、他の14社と競うのだ。

このストーブは賢いデザインにより、太陽光を中心部のシリンダーに導く。するとシリンダーの温度は、10〜20分で最大550°F/290°Cまで上昇する。食品は太陽光用の真空管(solar evacuated tube)*の中で調理され、それは管へ反射される太陽光の80%以上を吸収する。角度を自由に変えられる賢いデザインなので、太陽の移動に追随しながら調理できる。〔*: solar evacuated tube, この企業のホームページを「真空管式太陽熱温水器」で検索してみてください。〕

このストーブは集熱効率が良いので、冬でも利用できる。太陽が雲に隠れたときでも、調理を続けられるだけの温度を保てる。

いろいろな型番があるが、GoSun Sportは279ドルで今すでに入手できる。

同社の最新製品GoSun Grill(下図)はもっと大きくて、鶏をまるごと焼いたり、ケーキも焼ける。今年の夏に、749ドルで発売予定だ。

GoSunGrill_TableHero_2048x2048

[原文へ]。
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。