グリルボットは、バーベキューグリルを自動的に掃除するロボット

次の記事

CESの来場者に選ばれた人気製品GoSun Stoveは太陽熱だけで調理する

今日(米国時間1/7)われわれはCES会場でGrillbotを発見し、それは正にその名の通りのものだった ― 汚れたバーベキューグリルを自動的に掃除してくれるロボット。129ドルで販売されるそのロボットは、交換可能な金属ブラシを3本備え、グリルを動き回って掃除をする。

充電池と3台のモーターを内蔵し、液晶表示のタイマーとアラームも付いているので、離れていても作業の終了を知らせてくれる。

さて、これが難しいところ。クリーナーをスタートする前にグリルを約200度(93℃)に熱しておく必要がある。通常のグリル温度は400度(204℃)くらいなので、掃除を始める前に少々グリルを冷ます必要がある。ただし、Grillbotには熱すぎるグリルに置いた時にはアラームを鳴らす機能がある。

つまるところGrillbotは、あの古き良きElbow Grease[クリーナー剤]ほど効果的ではないが、自分自身や怠惰なバーベキュー人へのしゃれた贈り物にはなるかもしれない。

CES 2016

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook