ドローン

Aerodromeが初のドローン専用民間空港をネバタ州に開設予定

次の記事

MesoGlueが電子工作からハンダを追放―火傷せずに金属を接着

Aerodromeはネバタ州ボルダー市と協力し、初のドローン専用の民間空港を開設しようとしている。エルドラド・ドローンポートだ。FAAがアメリカで認可した数少ないUAS(無人航空機)テスト場の1つだ。

そこではドローンのトレーニングやメンテナンス、民間ドローン業界と個人のドローンパイロットが必要とするサポートを提供する予定だ。同社はすでにドローン操作を教える施設をミシガン州デトロイト、ネバタ州ヘンダーソンで運営している。

彼らは3年内にもドローンポートと併設するドローンのトレーニング施設の建設を完了させる予定だ。彼らのチームはすでにボルダーにある5エーカー(約20234平方メートル)の囲いの中で運営を始めているという。

私たちはCESでAerodromeに会った時にインタビューを行った。

Slide4

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在350人フォロワーがいます。