solder
mesoglue

MesoGlueが電子工作からハンダを追放―火傷せずに金属を接着

次の記事

NetflixのCEO、リード・ヘイスティングス、「アカウントの共有はOK」

ハンダ付けや溶接を一度でもやったことがあれば、そういう作業がいかに熱くなるかかよく知っていると思う。MesoGlueはそういう厄介な問題を追放できると信じている。これは常温で利用できる導電性金属接着剤だ。いかに不用意な人間でも電線や部品を接着しようとして火傷することはない。しかもきちんと電気を通す。

われわれ電子工作ホビーイストにとってMesoGlueのもっとも興味ある応用場面は、多数の小さなパーツをマザーボードに取り付ける際だろう。MesoGlueは熱を必要としない。これは驚くべき発明だと思う。

産業分野は別として、こうした作業を趣味とする人間の数はまだ多くないかもしれないが、多数のパーツをプラスティック製のボードにハンダ付けする作業には改良を要する点が多々ある。中でも大量のエネルギーを熱源として必要とする点などがそうだ。MesoGlue Silveの外観は通常の銀ハンダと同じだ。しかし指でCPUをヒートシンクに接着、固定することができる。このときハンダごてなどは必要ない。これは非常にクールなテクノロジーでエレクトロニクス工作の常識をひっくり返すものだ。

ノースイースタン大学のHanchen Huang教授、Paul Elliott教授、フロリダ大学のStephen Stagon教授のスタートアップは創立されてから日が浅いが、すでに活動の準備を整えている。

「『「金属』も『接着剤』もお馴染みの言葉だが、『金属接着剤』となると新しい製品だ。われわれはユニークな独自製法を開発した。この物質はナノメートルのサイズの金属線の一方にインジウム、他方にガリウムが塗布してある。この金属線は斜めに取り付けられた櫛の歯のように並べられて電気回路の基板を形成する。この櫛には『ボトム』と『トップ』がある。われわは櫛の歯を互い違いに組み合わせる方法を開発した。インジウムとガリウムが接触すると両者は溶融して液状になる。一方で芯になっている金属線は物質を液体から固体にする性質がある。われわれが開発したMesoGlueは強度、耐熱性、電気的抵抗の点で一般的な金属接着剤に等しい能力を持つ。最近、ノースイースタン大学を通じて、われわれのチームはこの物質に関して暫定的に特許を取得した」とHuang教授は説明する。

また教授は次のように述べた。「主としてエレクトロニクス産業において、この金属接着剤には広い応用範囲がある。熱伝導性の高さを活かして現在用いられている熱グリースを代替できる。電気伝導性も高いので、現在のハンダも代用できる。太陽電池、パイプ類の接続部、コンピューターやモバイル・デバイスの組み立てなどが有望な応用分野だ」と教授は語った。

私は電子時計を組み立てようと考えているが、MesoGlueを使えば指を火傷だらけにしなくてすむらしい。一大朗報だ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在393人フォロワーがいます。