Google、バーチャルリアリティーに本腰。製品担当VPをCardboard専任に

次の記事

トラベル情報のSkyscanner、Yahoo Japan他からの1.92億ドルでアジア進出を加速

Re/Codeの記事によると、Googleはバーチャルリアリティーにいっそう力を入れ、製品管理担当副社長、Clay BavorのGmail、Google Drive等のアプリ職を解き、CardboardとVRに専念させることになった。

AAEAAQAAAAAAAALNAAAAJGM2ZjViNzRmLTZhOTYtNGMwNi05ODA0LTVlMjNmN2FlOTRmMgBavorはGoogleに10年以上勤めており、この新しい部門を彼に任せることは、GoogleがVRでとことん戦うつもりであることの証だ。Cardboardで成功し、New York Times等をこのニューメディアに呼び込んだことが功を奏した。

Re/Codeによると、Bavorの担当していたアプリ業務は、上級副社長のDiane Greeneが引き継ぐ。

VRの強化は、Googleの消費者製品全体を後押しする。例えばYouTubeは、もちろん360度ビデオを取り入れ始めている。

関連記事

VRの世界でFacebook(Oculus)と戦い続けることは、Googleが没頭型テクノロジーのリーダーになるための絶対条件だ。チームの規模は不明だが、Cardboardプラットフォーム開発のために、いくつかの買収先が集結したことはわかっている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook