Web 2.0の寵児 “Delicious”、オーナー交代で直近のサイト変更を復旧へ

次の記事

LyftがNational MedTrans Networkと提携し、お年寄りの医療機関への移動を楽にする

むかしむかし(たぶん2004年頃)、Delicious というソーシャルブックマークサービスは、ウェブで最もホットな存在だった。当時のあらゆるバズワードにあてはまっていたが(コラボラティブ・タギング、フォークソノミー、AJAX)、他の多くのサービスと同じく、Yahooが2005年にこの会社を買収した後、放置した。それ以来オーナーが2度代った ― まず、YouTubeのファウンダーらが所有する会社、AVOSへ、2014年にはScience Incへと移った。

Yahoo、AVOSと同じく、Scienceもこのウェブサービスの生ける化石をどうしていいかわからなかったことは明白だった。Deliciousブログの最新記事によると、現在同サービスはDelicious Mediaが運営している ― DomainersuiteとScience Inc. による新たなアライアンスだ。Domainersuiteのファウンダー、Tony Alyが現在Delicious MediaのCEOを務めている。

「ScienceはDeliciousの運営をわれわれの新組織に委ねたので、今後私たちのチームは、このすばらしい、有用な、草分け的サイトの長期的成功に全力を尽すことができる」と、昨日静かに公開された 発表の中でAlyが語った。

2016-01-12_0951

それを実現するために、新たなオーナーたちは以前のオーナーがサイトに施した多くの変更を、元に戻そうとしている。Alyは、SEOの経験を持ち、前オーナーがサイトを再構築した際に使ったJavaScriptフロントエンドは、GoogleやBingに対するコンテンツの可視性に関して最適とは言えないと指摘している。

実は、以前のオーナーらがあかりを灯し続け、旧バージョンをprevious.delicious.comの名前で動かしていたので、旧バージョンへの復帰も難しくないだろう。

もっと奇妙な動きは、サイトがURLもオリジナルに戻そうとしていることだ:del.icio.us。これは、Deliciousがスタートした時のドメイン名だが、後に覚えやすいDelicious.comに変えた。Alyによると、この行動は「移行の条件の一つ」だそうだが、私が思うにこれは、いずれdelicious.comドメインを高値で売る計画なのではないだろうか。そもそもDomainersuiteは、ドメインを管理して低品質の広告コピーで「ドメイン帝国を統治する」のを手伝うのが本業だ。

少なくともハードコアなDelicious del.icio.usファンにとっての朗報は、Alyがスタックを復活させると約束していること。これはユーザーがリンクのコレクションを協力して作る機能だ。AVOSは、Yahooからサイトを買った約2年後の2012年に、これを抹殺した

正直なところ、彼らの最良の日が戻ってくる光景を、今思い描くことはできないが、まずは疑わしきは罰せずの原則で、新オーナーを見守りたい。

本誌はAlyに連絡を取ったが、まだ返信はない。情報が入り次題続報する予定。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在349人フォロワーがいます。