Udacityの新設Nanodegree Plusプログラムは生徒の就職を保証する

次の記事

ハンブルクの世界最大の鉄道ジオラマがGoogleのストリートビューで見られる

Udacity は提供しているNanodegree の認定プログラムを増強すると本日発表した。この営利目的の教育企業が新設したNanodegree Plusでは、学生の卒業後半年以内での就職を保証する。そうならなかった場合は授業料を全額返金するという。

通常のNanodegreeのコースは月々199ドル(12ヶ月以内に卒業すると半分が返金される)で、Plus版は月々299ドルだ。ただ、仕事を保証するのは適格なアメリカの学生に限られている。

Udacityは、週に10時間の勉強で9ヶ月ほどで卒業できると予想している。

この新しい学位は4つのコースに適用される。機械学習エンジニア、Android開発、iOS開発と上級ウェブ開発だ。Udacityは今後他のNanodegreeのコースにも保証制度を適用する考えだ。

Udacityの共同ファウンダーであるSebastian Thrunは、このプログラムの学生は「キャリアサービスチームとやりとりすることになります。学生は新設したキャリア・アドバイザー・プログラムとキャリア・コンシェルジュ・サービスを受けます」と伝えている。

もちろん、学生はUdacityの他のコースも無料で受けることができるが、それらには修了証明書はつかない。

ここ数ヶ月の間でUdacityは密かにパートナー企業の職と学生をつないでいた。UdacityはGoogle、Facebook、AT&T、MongoDB、 Clouderaといった企業と協力してプログラムを開発したため、学生もそのような企業に採用されたと考えられる。学生の中にはUdacityに入社した者もいる。

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在348人フォロワーがいます。