ヤマト運輸、「LINE」を通じて荷物の問い合わせなどが可能に——「LINE ビジネスコネクト」利用で

次の記事

VPNアクセスを許容していたNetflixがグローバル展開とともに厳しい取締りに転ず

コミュニケーションアプリ「LINE」の各種機能を企業向けに提供するサービス「LINE ビジネスコネクト」(詳細記事はこちら)。2014年2月にリリースされたこのサービスを利用して、ヤマト運輸が新たなサービスを提供する。ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸は1月19日、LINEを通じて荷物の問い合わせなどを行えるサービスを開始した。

これに合わせてヤマト運輸LINE公式アカウントを開設した。LINEユーザーはこのアカウントを友だち登録し、ヤマト運輸の会員サービス「クロネコメンバーズ」のクロネコIDを連携することで、公式アカウントのトーク画面で「お届け予定メッセージ」と「ご不在連絡メッセージ」を受け取ることができるようになる。

またこのメッセージを通じて、お届け日時や場所の変更が可能なほか、荷物の問い合わせや集荷・再配達の依頼、料金・お届け日検索などが可能だ。

サービスはこれにとどまらないようだ。今後は宅急便の送り状をLINE上で作成できるサービスも提供する予定。作成した送り状は、ヤマト運輸の直営店やコンビニエンスストアの店頭端末、集荷を担当するセールスドライバーの端末などから印字できるようにする予定だ。その詳細は今夏にも発表するとしている。

左からヤマト運輸代表取締役社長の長尾裕氏、LINE代表取締役社長の出澤剛氏

左からヤマト運輸代表取締役社長の長尾裕氏、LINE代表取締役社長の出澤剛氏