Google Playがついにプロモコードをサポート、アプリ内購入も対象

次の記事

NASA、衝突すれば破壊的影響を与える地球近傍天体のモニターを正式に開始

Google Playにプロモコード*がやってくる! Androidデベロッパもついに、プロモコードで自分のアプリケーションを売ったり、有料アプリを無料で配布したりできる。Appleには、何年も前からあった機能だ。Google PlayのDeveloper Consoleに登場した新しいオプションによって、これからはアプリの作者が、アプリとアプリ内コンテンツ両方のためのコードを配布できるようだ。〔*: promo code, promotional code, 広告・宣伝・販促のためのコード。〕

それを最初に報じたのはAndroid Policeで、その記事には、実装に関する詳細はGoogleのヘルプ・ドキュメンテーションに書かれている、とある。

Googleによると、デベロッパは1四半期に最大500の無料コードを配布でき、使われなかったものは次の四半期へ回されない。ただしデベロッパはコードの開始日と終了日を指定でき、またプロモーションをいつでも休止できる。

1四半期に500は、アプリの各バージョンごとに100としているAppleより気前がいい。また、Appleのデベロッパ向けドキュメンテーションによると、アプリ内購入のためのプロモコードはだめだ(途中から一部のデベロッパを例外としたようだが)。

一方Googleのプロモコードはアプリとコンテンツ用には使えるが、有料会員制(サブスクリプション)はノーだ。また、アプリ内購入でプロモコードを使うためには、その前にアプリ内プロモーションを統合する必要がある。

Google Playのデベロッパにとって、待望のプロモコードのサポートは大歓迎だ。これらのコードでアプリをアーリーアダプター(初物好きの人びと)や報道機関、メディアなどに届けることができるし、プロモーションや景品などの手段でアプリをマーケティングできる。

Googleがその機能を公式に実装していなかったこれまでは、デベロッパたちが独自の工夫で、アップグレードやアプリ内コンテンツのためのプロモコードをユーザに提供してきた。しかしその仕組みをデベロッパ自身が実装するのだから、余計な時間を取られる。Google Playの新しいオプションを使えば、その苦労もなくなる。

[原文へ]。
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在382人フォロワーがいます。