SpaceX、衛星のローンチに成功するもロケットの着地に失敗

次の記事

Notify Nearbyは、ファッションブランドのセール案内やコンテンツを通知してくれる

今日の打ち上げでSpaceXは海上に浮かべたドローン船へのロケットの着地が無事に成功することを願っていた。同社は、Jason-3衛星を軌道に乗せるという当初の目的を達成したものの、ロケットの1段目を無事に回収することはできなかった。

ヴァンデンバーグ空軍基地からロケットがローンチした10分後、Falcon 9の一段目は海上に浮くドローン船に着地する予定だった。SpaceXのCEOであるElon Muskによると、ロケットの着地のスピードは良かったものの、着地するための支えとなる脚の1つに問題があり、着地後にロケットが倒れたという。

訳)ロケットの一段目がドローン船の位置に到着したが、着地の衝撃が強く着地用の脚が壊れたよう。当初の目標は達成。

falcon 9 landing on drone

ドローン船上の倒れたFalcon 9:画像はSpaceXから

訳)詳細データを確認したところ、ロケットの1段目は軟着陸だったが、3番の脚が作動しなかった。ロケットの着地地点はドローン船の中心から1.3メートル内だった。

もっとも今回の打ち上げの目的は1億8000万ドルのJason-3衛星を軌道に乗せることであり、それは達成することができた。今回のミッションは成功であり、Jason-3は今地球の周りを回っている。

SpaceXはロケットの回収は実験であり、二番目の目的だったと強調した。だとしても、実況を見ていた人は残念に思ったことだろう。先月の打ち上げでは、陸でロケットを無事に回収することができたのだから。

Muskは今日の着陸は、前回のケープ・カナベラルでの着陸より難しいとツイートしている。

訳)船に着陸させる方が遥かに難しい。旅客機の着陸に近い。着地の目標地点は狭く、船は揺れるし、回転するからだ。

droneship video

SpaceX、ドローン船からのライブストリームのスクリーンショット

 

視聴者はロケットがドローン船への着地する数分前まで、ライブ映像を見ることができた。陸から200マイル離れた場所の撮影のため、ライブストリームは衛星によるインターネット接続で配信されていたが、波が立ったせいでミッションの間、接続を維持することが難しかった。そのため、上手くいかなかったロケットの着地の様子をライブ動画で見ることはできなかった。SpaceXはその動画は後日公開するとしている。

今回のローンチでのロケットの回収地点が地上の固定された場所ではなくドローンの船上になったのは、SpaceXが地上での着陸のために必要な「環境上の承認」を得ることができなかったからだという。

SpaceXは着地実験を諦めないだろう。金曜日のプレスカンファレンスで、SpaceXのミッション遂行のヴァイス・プレジデントを務めるHans Koenigsmannが直にヴァンデンバーグ空軍基地で再度ロケットの着地回収を試みたいと話した。彼は、年内にヴァンデンバーグから3、4回のローンチを行うとし、西海岸でのロケット着地を試みるチャンスがあるとした。

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在397人フォロワーがいます。