NetflixがYouTubeのスターMiranda Singsと契約して台本のある連続番組を制作

次の記事

物のインターネット(IoT)に完全なプライバシー保護を具備させようとするNeuraがシリーズAで11Mを調達

NetflixがYouTubeのスターMiranda Singsと契約して、同社としては初めての、ソーシャルメディアのスターによる、台本のある連続番組を始めることになった。

Miranda SingsはYouTube上のフォロワーが500万あまりおり、1ビデオあたりの平均ビュー数は約150万だ。ただしWhere My Baes At?のよううな大ヒット作は、今現在で1700万あまりのビューを稼いでいる。

Miranda Singsの中にいる本物の人間Colleen Ballinger-Evansは、Jerry Seinfeldの”Comedians In Cars Getting Coffee”に出たこともある。

これまでにもYouTubeのスターがよりメジャーな機会をつかむ例はいくつかあったが、台本のある連続番組は珍しい。たとえばGrace Helbigの場合は、E!のトークショウのホストを務めた。

ともあれMiranda Singsは、全部で8本の連作に出演する。プロデューサーと脚本家はFriendsのときの人たちだ。Varietyによると、番組のタイトルはHaters Back Offだ。

[原文へ]。
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在391人フォロワーがいます。