デジタル通貨

Bitcoinの約束は無に帰したのか?

次の記事

Netflix、2015年第4四半期は世界で560万の加入者を獲得と発表―株価も急反発

[筆者: Vivek Wadhwa](学者で起業家で著作家、Stanford, Duke, Singularity Universityなどで教える)

ついこないだまで、ベンチャーキャピタリストたちは、Bitcoinが世界の通貨システムを変え、政府が貨幣取引を監督することはできなくなる、と語っていた。しかし今や、この暗号通貨は、生き残るために頑張っているようだ。

新しい現実が、1月14日に明らかになった。その日、影響力の大きいBitcoinデベロッパMike Hearnが、この暗号通貨は失敗である、と宣言し、自分のBitcoinの全量を売却したことを明かした。そのニュースのあった日一日でBitcoinの価格は10%下がり、それによりお金を失った人にとっては、悲しい結果となった。

Bitcoinには大きなポテンシャルがあったが、今や修復不能のダメージを蒙り、何かそれに代わるものが切に望まれている。

今日の通貨と取引システムの多くが、不透明で非効率的で高価であることは、今なお事実だ。

例として、NASDAQを取り上げてみよう。それは、世界でもっとも技術的に進んでいる株式市場のひとつだ。しかしそれでも、たとえばFacebookの株をNASDAQで売り買いすると、その取引が最終的に成立するまで数日待たされる。これは、とうてい受け入れがたい。数ミリ秒で終わってほしい。

ヴェネズエラでは、スーパーマーケットで何かを買いたい市民はまる一日列に並ばなければならない。ハイパーインフレのため、ポケットにある紙の通貨の価値が日に日に下がっているからだ。

そこでは出稼ぎ労働者がメキシコやインドやアフリカの家族に送金するとき、料金として送金金額の5〜12%を海外送金業者に取られる。合衆国でさえ、決済企業やクレジットカード企業は1〜2.5%の手数料を取る。これは経済の足かせだ。

Bitcoinはこれを変えようとしたが、生まれたときから深刻な欠陥があった。それは、規制の外にあり、匿名性を提供したため、急速にドラッグディーラーやアナーキストたちの避難所になった。そして、Bitcoinの大半を、その普及活動を始めた小さなグループが保有していたため、ポンジー(Ponzi scheme)と比較された

その上に構築されている取引所にも、深刻なセキュリティの脆弱性があった。そしてまた、Bitcoinに夢中になったVCたちがいた。

彼らの一部は大量のBitcoinを買い入れ、モバイルバンキングから国境のない瞬間的な貨幣転送(送金)に至るまでの、ありとあらゆる金融イノベーションの基礎となる強力なディスラプションだ、と大言壮語した。彼らはBitcoinスタートアップにも数百万ドルを注ぎ込み、さらに大きな富を刈り入れることを期待した。

しかしBitcoinに、そんな大舞台は無理だった。Hearnの批判が、その悪夢的な現実をむき出しにした。それは、長い、ぞっとするような、否定性のリストだ。

bitcoin-thorns

中国のBitcoinマイナーたちが、通貨創造能力の50%以上を占め、万里の火城(Great Firewall of China, インターネットの国家検閲)越しにBitcoinエコシステムのそのほかの部分に結びついている。Hearnの説明によると、それは粗悪なホテルのWi-Fi接続と同じだから、システム全体を遅くする。それはまた、グローバルな通貨に対する戦略的な優位性を“人民の軍隊”(People’s Army)に与える。

Bitcoinの分散ネットワークは毎秒ほんのひと握りのトランザクションしか処理できない。そのため、予測できないトランザクション決定時間やそのほかの問題が起こり、ユーザの、貨幣システムの一員でありたいという意欲が失せる。そのほかの問題とはたとえば、ピーク時にはBitcoinの手数料がクレッジットカードのそれを上回ることも、ありえることだ。

さらに、まるで傷口に塩を塗るように、Bitcoinのコミュニティは内戦をやってるように見える。そのメンバーたちは議論を検閲し、互いのサーバーを攻撃してきた。Bitcoinのコードベースをコントロールしている5人のコアデベロッパによる小さな委員会が星室裁判所(Star Chamber, 独裁的恣意的司法機関)となり、Bitcoinの未来をガイドしている。

これが、VCの評判…とお財布…に対する深刻な打撃だった。しかしそれでも、彼らの一部は今なお、どこまでもBitcoinを擁護している。

今は、現在のBitcoinを廃棄する必要があり、Bitcoinを支えている技術の背後にあるイノベーション、すなわちブロックチェーンを有効利用するのだ、と認めるべき時だ。

ブロックチェーンは、トランザクションの透明な台帳であり、世界中のコンピュータが並列的にホストし、それをベースに、デジタル通貨や仮想銀行を作ることができる。

正しく実装されればそれは、現在グローバルな金融システムが使っているものよりもベターな、トランザクションと証明のモデルであることが実証されるだろう、と私は信じている。金融取引だけでなく、投票や公的登記・登録、芸術作品の真正証明、不動産の権利移転、などにも利用できる。

最初、Bitcoinは高潔な実験だった。今、それは騒乱だ。

Bitcoinの失敗から私たちは、デジタルコミュニティはこのように運用されてはならない、という事例を学んだ。台帳システムがハイジャックされうることを、知った。そして、無駄な浪費のようなマイニングシステムも見た。そこではギガワット時の電力が消費され、中国に巨大なサーバーファームをいくつも作り出し、それらはただひたすら、Bitcoinを“マインする”ためにだけ数値演算をしていた。

私たちは、Linux Foundationのような、成功しているオープンソーステクノロジのプロジェクトから学ぶ必要がある。それが栄えている大きな理由は、小さなグループが気楽に管理できないほど大きく育った、あらゆる種類のオープンソースプロジェクトを統轄する中立的な機関としての価値が、実証されたことだ。また私たちは、ブロックチェーンのさまざまな側面を再考する必要がある。HearnとBitcoin支持者たちが提案していることにならって。

もうひとつ心にとめておくべきは、一部のVCたちをBitcoin狂にしたものは何だったか、ということ。それは、純粋に、貪欲だ。私から見ると、Bitcoinの失敗のいちばん明らかな理由がそれだ。公平な競争の場と、より効率的なトランザクションシステムとして意図されたBitcoinは、お金のプールをめぐる複数の利益集団による抗争へと堕落した。

最初、Bitcoinは高潔な実験だった。今、それは騒乱だ。今や、もっと理性的で、透明で、堅牢で、説明責任のある統轄システムを築き、誰にとっても豊かな、未来へ向かう道をひらいていくべき時だ。

[原文へ]。
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在367人フォロワーがいます。