小型で多機能なドローンONAGOflyは、FAAに登録不要のわずか140グラム

次の記事

マーク・ザッカーバーグが今日から仕事復帰。仕事始めの服装もやっぱりグレー

ONAGOflyは、手のひらサイズのGPS機能が付いたドローンで、笑顔を検知して自動で写真撮影をする機能や障害物を検知する技術を搭載している。

連邦航空局(FAA)は無人航空機の登録を求めている。すでに30万人近くのドローン保有者が1月の始めに政府が制定したルールに基づき登録を行っている。しかし、この小型の空飛ぶカメラはわずか0.3ポンド(およそ140グラム)で登録は必要ない。

FAAのルールによると、0.55ポンド(250グラム)以上のドローンは必ず登録が必要だが、ONAGOflyはその基準を下回る小ささだ。

この小さいドローンは現在、Indiegogoで199ドルで販売していて(キャンペーン後は299ドル)、障害物を避けるセンサーの他に15MPカメラ、1080p HD動画撮影、投げて飛ぶ機能(上空に投げると自動で飛び始める機能)、風速毎秒1.6から3.3メートルで飛行可能、さらにピアツーピアのライブ・ストリーミング、AndroidとiOS端末でWifiを使って距離66フィート(およそ20メートル)までドローンを操作できる。これらの機能はこれまで高額なドローンにしかなかったようなものだ。

他の高額な大きいサイズのドローン、Parrot BebopChromaのカメラドローンと比較しても、Bebopのように専用のWifiホットスポットにはならないが、ONAGOflyは低価格で多くの機能を提供していることが分かる。

ONAGOflyは、すでにIndiegogoで180万ドルを9000人近い支援者から集めた。まだキャンペーンの終了まで11日残っている。このキャンペーンを支援した人たちには、2016年3月と比較的早くドローンが手元に届く。

ONAGOflyの詳細は動画でも見れる。

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在380人フォロワーがいます。