Appleが教育スタートアップのLearnSproutを買収、Chromebookが強い学校市場で巻き返しをねらうか

次の記事

Appleは長距離ワイヤレス充電機能をiPadとiPhoneに搭載しようとしているらしい

Bloombergのさきほどの記事によると、Appleは教育テクノロジーのLearnSproutを買収した。本誌もこの件を確認したが、買収の条件は公表されていない。

LearnSproutは今年で創業3年になるサンフランシスコのソフトウェアスタートアップで、K-12の教師が児童生徒の成績を評価するために役立つ、オンラインデータのインサイトを提供する。これまで二度のラウンドで計470万ドルを調達しており、投資家はAndreessen HorowitzとFormation 8、Samsung Venturesなどである。CrunchBaseには、すべての投資家のリストが載っている

The Informationによると、買収は昨年の夏に完了し、投資家には投資額と同額がリターンされた。

Appleは学校でますます強いChromebookラップトップに競合で優位に立ちたいため、このところiPad向けの教育ツールに力を入れている。Googleによると、2014年夏の時点で、教育者たちは1四半期あたり100万台のChromebookを購入している

Appleも同じく、iPadが教育者たちに強力に売れていると自慢しているが、CNBCの12月の報道によると、Chromebookは合衆国のクラスルームの全デバイスの半分以上を占め、Appleの学校購入のシェアは2012年から2015年にかけて半分以上減少した。

[原文へ]。
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa)。

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在398人フォロワーがいます。