UberPUPPYは、小犬をオンデマンドで家まで届けてくれるサービス(期間限定)

次の記事

ブロックチェーンでゲームインフラ運用コストを1/2に、テックビューロがGMOインターネットと提携

なんということだ! Uberがついにやってくれた。私の夢を現実にしてくれるのだ。

Uberは、今週のPuppy Bowlに因んで、Animal Planet、SF SPCA、Peninsula Humane Society、Berkeley Humane Society等の動物護団体と協力して、小犬をオンデマンドで家庭に配達し、しばらくの間遊ばせるサービスを提供する。

小犬を呼べるのは、2月3日水曜日の午前11時から午後2時まで、30ドルでリクエストできるが、当然、数に限りがある。”PUPPY” オプションはUberアプリの、サンフランシコ、ロサンゼルス、オレンジカウンティー、ニューヨーク市、デンバー、およびワシントンDCのユーザーが利用できる。

Uberのブログ記事によると、運が良ければ「小犬の小隊とコーチが来てじゃれ合うところを見せてくれる」とのこと。

このプロモーションは、Uberの一週間にわたるスーパーボウルキャンペーンの一環で、サンフランシスコベイエリアの顧客を対象に、UberEatsによる鶏手羽肉のデリバリーや、Uber PoolによるEA フットボールトーナメントへの協賛など、ビッグゲームに向けて顧客を盛り上げていく。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在349人フォロワーがいます。