leap motion

3Dは、新しい2D

次の記事

Google Play Musicアプリがポッドキャストをテスト中―近く一般公開へ

【編集部注:本稿のライター、Amitt MahajanPresence Capitalの創業パートナー。】

デスクトップやウェブのユーザーインターフェースは、伝統的に2Dだ。スマートフォンのアプリも、ゲーム等の特殊なケースでは3Dに対応しているものの、依然2Dだ。フラットUIデザインへの動きは、微妙な3D要素を取り入れながらも、既存のコンピューター機器にとって主要かつ最適な操作メカニズムは2Dであることを強調する結果となった。

それに対してフル3Dは常に、ゲーム、映画、業界に特化したアプリケーションというニッチ市場を追い求めてきた。フル3DのUIが、現在のシンプルで親しみやすい2Dを置き換えることは、デスクトップでもモバイルでも起こりそうにない。

ウェブを通じて3Dの先がけとなろうとした試み(WebGLやVRML)はことごとく失敗したが、それはウェブが生まれながらの2Dであり、指やマウスによる操作が簡単で覚えやすいからだった。3D要素はいつも不必要な複雑さと摩擦を加えるだけで、ユーザー体験に有意な改善をもたらすことはなかった。

しかし、これがもうすぐ変わろうとしている。今年、仮想現実(VR)機器が、何年かのうちには拡張現実(AR)機器がそれぞれ発売される。VRとARはわれわれのコンピューターインターフェースを2Dから3D主体への根本的に変える可能性を秘めている。

VRとARは、ユーザーをリアリティーのある3D世界で包み込むことによって、没頭的体験をもたらす。さらに、Oculus Touchコントローラーや、Leap Motionを用いたハンドトラッキング等の最新入力方式を使えば、新たな3Dハンドジェスチャーの使用も可能になる。現在VR向けに開発されているコンテンツのすべてに3D要素が含まれている。

Pincは2Dと3DのギャップをつなごうとしているVR会社である

3D主体のコンテンツはいくつもの可能性を示唆しており、スタートアップに新たな機会を生みだすだろう。

UnityやUnreal等の定評ある3Dオーサリング環境の価値が益々高まっている。現在のVRコンテンツの大半はUnityまたはUnrealのエンジン上で動いている。VRやARが益々普及するにつれ、これらのプラットフォーム向けにコンテンツを作りたい人の数も増えていく。2つのプラットフォームは、その確固たるエコシステムと信用によって、この業界に参入する人たちにとって標準の選択肢となっている(モバイルおよび専用機の有力ゲームの大部分はこれらのエンジンで作られている)。

もう一つこの分野への新規参入が難しい理由は、基礎をなすレンダリングエンジンだけでなく、アーティストやゲームデザイナー等、チームの非エンジニアメンバーを支援する総合的なツールを作る必要があることだ。

もっと簡単に3Dコンテンツを作る方法が開発されなくてはならない。3DコンテンツのためのWordPressWeeblyはまだ存在しないが、それは十分な需要やチャンネルがないからだ。現在最も簡単な3DオーサリングツールはMinecraftかもしれない。SketchUpも比較的使いやすく、Autodeskの3DS MaxやMayaのようなプロ用ツールに近い。

プロ用3Dオーサリングツールはもっと費用効率が高くならなければならない。今日、3Dモデルや3Dキャラクターを作るためにはまずアーティストがモデルを作り、テキスチャーを加える必要がある。もしモデルがキャラクターなら、それを動かすアニメーターも必要だ。どの工程も時間がかかり、3Dコンテンツの制作は労力を要する作業となっている(2Dコンテンツ制作と比べて)。

こうした余分な努力を費してさえ、生成されるコンテンツが写実的なものになることは稀であり、不気味の谷に陥いることが多い。この作業を軽減し、より写実的コンテンツを作るためのソフトウェアは、高品質3Dコンテンツの要求が高まるにつれ価値を持つようになるだろう。当社の投資先企業である、Uncorporealは、高度なコンピュータビジョン技術を用いてこの問題に取り組んでいる。2D UIパラダイムは、3D向けに再検討する必要がある。

どの新しいプラットフォームも似たような課題に直面する。マウスが入力デバイスに加わった時も、われわれがスマートフォンの指を使ったタッチジェスチャーを学んだ時も、開発者は自社の主要アプリケーションが機能するかどうかを考慮し直す必要があった。VRと3Dに新たな操作セットが必要になる。

下のビデオでは、Leap Motionが3Dインタラクションエンジンのデモを行っている。

2Dからの移行にはまだ多くの産みの苦しみが待っているだろうが、3Dで現実世界を体験しているわれわれにとって、同じ方法でコンピューターとも対話できたら、それはすばらしいことだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook