thunderstrike

ゼロデイ脆弱性の‘発見者’たちを雇ってMacのセキュリティを確保したApple

次の記事

Fitbitが130ドルのカスマイズできるフィットネスバンドAltaを発表

Thunderstrike 2を、おぼえておられるだろうか? 昨年の夏にXeno KovahとTrammell Hudsonが発見したOS Xの深刻なゼロデイ脆弱性は、マルウェアの作者がユーザーのMacを完全な煉瓦の塊(ないし‘文鎮’)にしてしまい、工場出荷時の状態にリセットする方法もない。Appleは、その脆弱性をフィックスしただけでなく、この悪行の背後にいた人たちを雇用して、セキュリティ対策に当たらせることにした。

Thunderstrike 2は、Ethernetアダプタや外付けDVDドライブなどのThunderboltデバイスに感染する。感染したThunderboltデバイスを接続したままでMacをリブートすると、MacのファームウェアはそのThunderboltアクセサリ上のオプションROMを実行してからOS Xをブートする。するとMacのファームウェアが煉瓦になり、Macは使用不能になる。

いちばん厄介なのは、アクセサリの感染はずっと残るので、今後、煉瓦状のMacがいくらでも量産されてしまうこと。Appleとしても早急な対策が必要な、強力で悪質なマルウェアだった。

2015年11月にTrammell Hudsonは、Appleが32C3カンファレンスでLegbaCoreを買収したことを公表した。Xeno Kovahも、今Appleで仕事をしていることを確認した:

[Appleは何のためにわれわれを雇ったのか? それは、言えない。“低レベルのセキュリティ”のため、ぐらいは言えるかな(今の自分の肩書を知らないんだ)。]

セキュリティコンサルタント企業のLegbaCoreは、新しい顧客の受け入れを停止した

それが本当の買収だったのか、それともLegbaCoreを支える二人の人物を雇っただけなのか、よく分からない。KovahとHudsonはLegbaCoreの仕事を続けることができず、フルタイムでAppleの仕事をしているようだ。

Appleが、これらのセキュリティエキスパートを雇用したことは、理にかなっている。セキュリティホールを、それが一般的に知られる前にハッカーを雇って直してしまうテク企業は少なくない。製品のセキュリティを確実にするためには、とても良い方法だ。

出典: Mac Rumors

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在396人フォロワーがいます。